読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車でswitch

ゲーム 日常

最近は連日残業続きでちゃんとゼルダを進められずにいるゆうう兄です...( ´_ゝ`)

 

いや〜年度末って嫌ですね!笑

たくさん案件が回ってくるうえに、こぞって

「月末までによろしく」

ですからね( ´_ゝ`)

 

残業すると家に帰っても時間がなく、家事も疎かになりますし、料理もしなくなるので主食が食パンと冷凍のチャーハンばかりになってしまいます。

最近はゼルダのおかげで生活にメリハリができ、仕事のモチベーションを上げる要因にもなっていたのですが、やる時間がないのでもはや意味なし。

(やりたい気持ちはありますよ!)

なので最近は

「帰りに美味しいラーメンでも食べに行ってやるぞ!」

と外食する想像をして仕事のモチベーションを上げて仕事をしています。笑

 

しかし帰り道、最寄りの駅に着く頃には

「やっぱ節約しないとなー...。ラーメンは体にも良くないし!」

 

と気が変わり我慢し、自宅に帰るのです。

で、家で食べるものといえば冷凍チャーハンな訳です。

このループを2週間前くらいからずっと続けている気がします( ´_ゝ`)笑

 

しかし最近はゼルダ欲がたまり、どうにかプレイする時間を確保できないか考えた結果、

 

通勤中にやることにしました!笑

どこでもプレイできるというNintendo Switch の利点を活かすことができる!

これぞ時間のない社会人ゲーマーの味方!!

 

 

早速次の日からイヤホンを装着し、電車でプレイしてみましたが、あっという間に時間が過ぎるほど、充実した通勤時間を過ごすことができました笑

電車でゼルダをプレイする、最高です。

通勤がまったく苦じゃなくなります。

むしろ楽しみなくらいです。笑

しかも今作は「祠」と呼ばれる小さなダンジョンが世界のいたるところにあるので、ちょっとした時間に攻略するのにちょうどいいのです。

家でじっくりやりたい派の私もついついプレイしてしまいます。

さすがに重要なシーンとか、クライマックスとかは家でじっくりやるつもりですけどね。

 

しかしながら、若干恥ずかしい...。笑

学生の頃は周りの目など気にせず、プレイしていましたが、社会人ともなると、どこで知人に遭遇するかわかったもんじゃないですからね。

会うのも友達なら全然いいんですけど。

変な見栄というか、保身に入るというか...妙なプライドみたいなのありますよね。

 

と言いつつ、今日も通勤中はハイラルにいた私にそんなプライドはありませんでしたとさ

 

IT勉強会なるものに参加してみた

仕事

どうも、ゆうう兄です。

ブログを始めてから気がつけば一ヶ月が経過しておりました。

普段はゲームのことや、遊びに行ったこと日のことなどを記事にしてますが、たまには真面目な記事も書いてみたいなと思い(ゲームの記事も真面目に書いています笑)、先日とある勉強会に参加した日のことを書こうと思います。

IT勉強会(デザイン)

私は普段Webデザイナーの端くれとしてお仕事をしておりますが、ある程度テンプレートができていたりすることで、マニュアル化された業務をこなすだけ...にはなりたくない!

新規のサイトを任せていただいた時は、「うへぇ...忙しくなるな...」と思いながらも、自分が携わることができる範囲が広がったのかなと、嬉しかったりもします。

マニュアル化された業務ばかりこなしていたら、スキルとして「身につくものも少ない」と、今回都内某所で行われたIT勉強会に参加してきました!

 

会場に到着して思ったことは

「なんてオシャレな空間なんだ!」

(あと会場にいる人みんな仕事できそう...笑)

 

ナチュラルカラーをベースとしたオシャレな空間に、イスがズラーっと並べてあり、前方には舞台があり、登壇者はそこで話をするようでした。

このような勉強会に参加することは初めての経験だったため、緊張しながら入場。

入り口で受付を済ませると、お好きな飲み物をどうぞーと飲料を配布してくれるスタッフさんがおり、お酒からソフトドリンクまでたくさんありましたが、次の日も仕事があったのでお茶をいただき、席に着きました。

会場に集まったのは約150人ほど。

デザイナーを目指す学生も参加することができ、また内容が主に新人デザイナーの方に向けたものだったこともあり、年齢層は20代、30代といった印象でした。

 

勉強会の内容を簡単にまとめると、ベテランデザイナーの方々が、新人デザイナーに対して、どのようなキャリアパスで学んでいくのがいいのか、今後求められるスキルは何かといった内容を経験談を元にディスカッション形式で話し、デザインに対して理解を深めていくことを目的とした勉強会でした。

登壇者の方々も、それぞれ全く異なったキャリアを積んでこられた方々だったので、それぞれ違う視点でのお話を聞くことができ、とても聞き応えのある内容になっていました。

今回はそこで学んだことを自分なりにまとめていこうと思います。

自分のための備忘録のような意味も込めているので、面白くはないかもしれません。笑

 

キャリアパスはあまり考えないほうがいい

その時々でやるべきことと会社がやりたいことが一致することを重要視し、その環境が自分をより成長させてくれる。

  • 好きなコンテンツに関わる
  • サービスを育ててみたい

事業会社の場合、毎回のアウトプットが直接の収益につながるとは限らない

制作会社の場合、個人の裁量で出来ることが多い

調子が悪い時でも合格点を出し続けるのがプロ。

 

自分を生かすコンセプト

クオリティーの高いデザインを生み出すことも大切であるが、そこに独自のコンセプトをプラスすることで「この人じゃないとダメ」という市場価値が生まれる。

自分のしたいことのために必要なことを学び、そのスキルを生かすことができる適切な場所を選ぶのが大切。

新人デザイナーにありがちなのは、作製したデザインについて「なぜこのデザインにしたのか」を説明できない人が多い。

「おしゃれなサイトを見るとこうなっていたから」「最近こういうのよく見るから」

プロである以上、そのデザインについてどのような意味があるのかを説明できるようにならなければいけない。

そこで自分なりのコンセプトを持つことで語れるストーリーが出来上がる。

 

30代になると良いものを作ることができるのは当たり前になる

経験を重ねていくことで、ある程度のクオリティーのものは作れるようになり、その時に自分の強み・武器を生かすことで他のデザイナーとの差別化を図り、自分の市場価値を高める。

デザイナーが20代のうちにやっておく必要があることとして、デザイン力を磨きつつ、上流工程への知識も深めていく必要がある。

学んだことを広い対象に、継続的にアウトプットすることが大切である。

アウトプットなき学習は学習ではない

(この言葉はすごく印象的でした)

アウトプットを行うことで、フィードバックをもらい、フィードバックを得ることは自分の強み、今後の課題を知ることにつながる。

 

環境によってはユーザーの声など、フィードバックを聞くことができる環境にない場合があり、またデザイナーは受け身の人が多い印象があるので、自分のフィードバックに対して、自らフィードバックを取りに行くことも重要である。

フィードバックを得ることでより自分の経験値として学ぶことができる。

 

今後の課題
  • ポットキャスト(デザイナーの声を聞く)
  • 新しいものに触れる
  • 最新のトレンドに敏感であること
  • 優れたデザインをコピーし学ぶ
  • まだ知らない経験を積む

 

感想

これらは継続的に行うことに意味があり、ブログなり、SNSなり、なんでも良いので、まずは手を動かし、アウトプットを楽しむことが大切なようです。

それが仕事で活用できるようになるとやりがいにつながると思うので、今後は積極的に学んでいき、誰かに見てもらう必要があるなと思いました。

肩書きやキャリアプランを気にすることで、知らないうちに視野が狭まるってしまうことがないよう気をつけたいと思います。

 

勉強会自体は2時間ほどで、その後1時間ほど懇親会に参加し、全部で3時間くらいかかりました。

ここまで完全に真面目モードで記事を書いてみましたが、こういう記事だと自分の文章の粗末さが目立つような気がして恥ずかしいですね(笑)

 

以上、真面目なゆうう兄でした!!

さてハイラルに戻るか...。

私とファイアーエムブレム

ゲーム

ゼルダの伝説」まだまだ中盤を冒険中のゆううです。

 

ほぼ同時に購入した弟はすでにクリアしたという報告と「めっちゃ良かった!」という感想を聞いて、後半が楽しみすぎて震えてます...笑。

 

そんな「Nintendo Switch」で盛り上がってる中、今日は来月にシリーズ新作の発売を控えているファイアーエムブレムについて書こうと思います。

 

ファイアーエムブレム エコーズ もう一人の英雄王

4月に発売を予定している任天堂SRPGファイアーエムブレム」シリーズ最新作ですね。
といっても「リメイク」作品なので、最新作といっていいのか微妙ですが...(笑)

 

このゲームもとても気になっているので、私はマイニンテンドーストアにて予約しました!

マイニンテンドーストアにて予約しようとしたところ、マイニンテンドーストアのみ「数量限定版」の予約を受け付けていたようなので、せっかくなのでそちらを予約しちゃいました!
通常版に比べると値段は上がってしまいましたが、特典につられてしまいましたね...笑

後悔はしていません!笑

 

FEシリーズといえば今年2月にリリースされたスマゲー「FEヒーローズ」が一部の層で話題となっていますが、2017年はこの「FEヒーローズ」に始まり、「FEエコーズ」「FE無双」「Nintendo Switch向け新作FE」とFEファンには楽しみなタイトルがたくさん発表されましたね!
私も一ファンとして嬉しい限りです。

 

私がプレイしたFE作品

こんな感じです。
子供のころにプレイした作品で一部未クリアのものもあります。笑

昔は闘技場で味方ユニットのレベルを最大まで上げて無双する、という遊び方をしていました。
中でも封印の剣に登場する、ソードマスターの「ルトガー」は、後に「ぶっこわれ」と呼ばれるほどの性能の高さを見せつけてくれましたね(笑)

あの必殺のモーションが特にカッコいいんです。

しかしそのルトガーの影響で、のちのシリーズ作品に登場する「ソードマスター」は昔に比べて、弱体化されてしまったので活躍の場が少なくなってしまったように感じます。

それでも最近だと「if」のリョウマはかなり強かった印象がありますね。

 

ゆうう兄の好きなキャラクター

FEヒーローズ」というスマホゲームがリリースされる前、「英雄総選挙」という全シリーズ作品のキャラクターの人気投票が行われていました。

1日一票、投票ができる仕様で、リリースの2週間ほど前から開催されていたと思います。

私はこんな感じで投票していました。

f:id:yuu-tunamayo:20170317220751j:plain

エルトシャンに始まり、エルトシャンで終わるっていうね。笑

上記でお話しした「ルトガー」にも投票しましたよ!

イケメン!!

 

他にも好きなキャラクターはたくさんいるのですが、なるべく多くの作品から投票するように意識していました。

(結局偏ってしまっている気もしますが気にしない方向で。笑)

ちなみに女性キャラクターで一番好きなのは「フェリシア」です!

 

以上、ファイアーエムブレムの今後が楽しみにしているゆうう兄でした!

 

【ゼルダ】骨の馬!!敵?仲間にできる?

ゲーム

どうも、寝不足のゆうう兄です。

 

今日も今日とて「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」をプレイしていました。

夜中森の中を探索していると遠くの方に白馬のような馬が!
近づいてみると...

あれ、目が光ってる!?というか骨!笑

f:id:yuu-tunamayo:20170315224927j:plain

「馬について」

今作では「野生馬」が世界の色々な場所に存在しています。
野生馬は常に周りを警戒しているので、普通に近づいては走って逃げ出してしまいますが、気づかれないよう背後や、物陰からそっと近づいて乗ることができます。
ステータスの高い馬や、気性の荒い馬などは、乗った際にリンクを振り落とそうと暴れますが、頑張りゲージが許す限り馬をなだめ、成功するとコントロールできるようになります。
どの馬も最初はリンクの言うことを聞かず、勝手に方向転換したり、なかなか思うようなスピードで走ることができなかったりと苦労しますが、次第になついていき思うように走ることができるようになります。
餌を与えたり、指示に従ってくれたときになだめてあげると、なつき度が上がり、最終的には操作しなくても道沿いに勝手に走ってくれたりもします。

 

手なづけた馬は「馬宿」という施設に連れていくことで所有馬として登録することができ、登録すると以下の内容が可能となります。

  • 名前を付ける
  • 道中ではぐれてしまった場合に呼び出すことができる
  • 近くにいる時、口笛で呼ぶことができる

便利ですね!笑
なおステータスはパワー、スピード、スタミナ、性格の4つの要素があり、それぞれの馬に個性があり、馬宿で登録する際に確認することができます。
また馬にも体力が存在し、敵からダメージを受ける、高いところから落下するなどして体力が尽きると死んでしまいます。


私も

  • 愛馬がガーディアンからワンパンをもらい焼死
  • かっこいい黒い野生馬を追っている最中に、逃げた馬が崖から転落死

という悲しい過去があります...。
馬好きはトラウマになるんじゃあないだろうか。

 

さて簡単に馬のことを紹介し終えたところで、タイトルにも書いた「骨の馬」についてのお話です。

 

「骨の馬」

夜中森の中を探索していて出会った「骨の馬」。

モンスターのような風貌だったので、恐る恐る背後から近づいてみると...。

乗れたッ!!

通常の馬と変わらない乗り心地で、スタミナは3でした。
よく見てみるとかわいい気がしてきた(笑)

 

この「骨の馬」はどんなステータスなのだろうと思いながら、とりあえず写し絵を撮り、ハイラル図鑑に登録に登録すると、名前は「スタルホース」で種類は「モンスター」ではなく「動物」に部類されるようです。
ここで私はふと思った、この「スタルホース」馬宿に連れて行ったら、登録できるのでは?

 

思い立ったが吉日、馬宿目指して「スタルホース」を走らせることに!
名前を何にしようかな—、「スレンダー」にしよう!などと、ウキウキしながら走っていると

 

急に倒れる「骨の馬」
そしてボンッと力尽きたモンスターと同様に消滅...。

 

俺のスレンダー!!(泣)

一瞬何が起きたのかわかりませんでしたが、ふと空を見上げるとお日様が昇っておりました。

どうやら「スタルホース」は他のスタル系モンスターと同様、夜の間しか活動できないようです...。
悲しい。

スレンダーことスタルホースを仲間にすることはできませんでしたが、私には「クリームソーダ」と「マエガミ」という愛馬がいるのでこれからもこの2頭を大切にしたいと思います!

それでは!さらばッ

FEヒーローズ ガチャなど近況

ゲーム

Switchを外でプレイするのは気が引けて、まだ外出時に持ち運べていない、ゆうう兄です。

自宅ではゼルダをやり、外ではFEヒーローズをやっています。

今日はFEヒーローズの近況についてお話ししようと思います。

 

FEヒーローズ 近況

 

前回FEヒーローズの記事を書いたのは、ちょうどエフラムを引いたタイミングでしたね。
その後も何度かガチャを引き、今日までに「ユリア」「アベル」「ラケシス」の星5を引くことができました。

f:id:yuu-tunamayo:20170313211853j:plain

(可愛いけど評価低くて悲しい...)

スマホゲーは基本的に無課金でやると決めているので(業界の方、すみません)今作も課金はしていません。


しかし人生で初めての課金をするか否か悩んでいます。

 

理由

エルトシャンがほしい!!

エルトシャンは私の中で「FEシリーズの中で最も好きな男性キャラ」と言っても過言ではないくらいお気に入りのキャラでなのです。


3/14まで開催されているピックアップガチャにエルトシャンが含まれています。
性能としてはまずまずのキャラなので、人によっては他のピックアップガチャを引いた方がいい。という方がいらっしゃるかもしれませんが、このゲームにおいて私は「強キャラ」よりも「好きなキャラ」を使いたい派なので、迷わずエルトシャンがピックアップされているガチャを引いています!

...が、いまだにエルトシャンは引けていません。
ピックアップの期間も残すところ1日となってしまったうえ、今の私の所持オーブは21個...(笑)
今月はすでにまあまあな額の出費が発生しているため(Switch等)、真剣に悩んでいます(笑)


エルトシャンについて

SFCソフト「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」に登場します。
魔剣ミストルティンの使い手で、獅子王の異名を持つ、ノディオンの王。
FEヒーローズに同じタイミングで実装された「ラケシス」の兄であり、主人公のシグルド、仲間のキュアン(FEヒーローズでは両名とも未実装)とは士官学校時代の親友という設定です。

騎士道精神に溢れており、仲間からも厚い信頼を受けていた王でした。
エルトシャンの国「ノディオン」は近隣諸国が結束した連合軍に属しており、物語の途中、連合軍に属する他陣営と主人公陣営が敵対関係になってしまったことで、主人公と望まぬ形で剣を交えることになります。
連合軍の長「シャガール」は独裁者のような王であり、民のことを考えない行いに違和感を覚えつつも、その騎士道を曲げることなく尽くしてきたエルトシャンでしたが、この戦に不信感を覚え、シャガールに休戦を提案したところシャガールに殺されてしまいます。

 

プレイした時はどうにかして味方にできないか試行錯誤した記憶があります(笑)
結局最後まで味方になる事はなかったエルトシャンでしたが、それ故に魅力のある敵キャラになったのかなーと思います。

そんなエルトシャンがFEヒーローズでは味方として!パーティーの一人として!使用することができます!
ただし課金すれば確実に手に入る訳でもないというのが辛い...笑

以上、私がエルトシャンについて語るだけの記事になってしまいましたが、もしエルトシャンを引いた方がいたら、ぜひパーティーについて一考してみてはいかがでしょうか。


見てくれた方、ありがとうございました!

 

※追記
公式Twitterにて「ニニアン」「カレル」「プリシラ」「ジャファル」「レベッカ」「ルセア」の配信が告知されてましたね!
余計に悩む!!笑

f:id:yuu-tunamayo:20170313211901j:plain

amiibo 「ゼルダ」「リンク(弓)」

ゲーム

どうも、ゼルダのおかげで寝不足の毎日を送っている、ゆうう兄です。

 

毎日家に帰ってから、絶賛プレイ中です!
他のことが疎かになるレベルで、ええ本当に。

 

プレイするにあたって、役立つ装備や、アイテムを入手する手段のひとつとして「amiibo」があります。

私はソフトと同時に「ゼルダ」のamiiboを購入したわけですが、このたび「リンク(弓)」を購入しました!

とりあえずかっこいい!笑

f:id:yuu-tunamayo:20170309215145j:plain

 

飾っておくにもちょうどいいサイズ感なんですよね!
とはいえamiiboはただ飾っておくだけのフィギュアではないのです。

 

amiiboについて

簡単に説明しますと、「様々なゲームに対応した拡張機能を持っているフィギュア」といったところでしょうか。


我が家にはこのたび買ったものを含めて3体のamiiboがありますが、使用例として「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」では、amiiboを使用すると一日一回アイテムがもらえます。

 

もらえるアイテムはamiiboによって異なり、また日によってランダムに変化します。
amiiboでしか手に入らないアイテムもあるところが、商売の匂いがしますね(笑)

 

他の例として「大乱闘スマッシュブラザーズ」ではWiiU3DSともにamiiboに対応しており、amiiboのキャラクターをゲーム内に登場させることができるほか、amiiboを戦わせることでどんどん成長していきます。


セーブ機能が付いているので、名前をつけたり、友達のamiiboと対戦させたりとゲームによって用途が異なることも特徴のひとつですね。

 

無くてもゲームが不利なんてことはないですし、よりゲームを楽しむための要素なわけです。


ざっくりと説明しましたが、用は質の高い課金要素のようなものですね(笑)

 

さて話をゼルダの伝説へと戻します。

私は毎日amiiboを使ってアイテムを入手しているわけですが、今作に対応したamiiboからどんなアイテムが出現するのかをまとめてみました!

 

出現アイテム

リンク(弓)

 肉、魚、弓(amiibo限定あり)

 

リンク(騎乗)

 キノコ、武器、馬用の道具

 

ゼルダ

 植物、盾(+効果、amiibo限定あり)

 

ガーディアン

 古代の素材

 

ボコブリン

 肉、ボコブリンの武器

 

リンク(時のオカリナ

 肉、武器、時の勇者装備(amiibo限定あり?)

 

リンク(ドット)

 ルピー

 

トゥーンリンク風のタクト

 魚、装備(amiibo限定あり?)

 

ゼルダ風のタクト

 植物

 

リンク(スマブラ

 フルーツ、武器、エポナ

 

シーク(スマブラ

 キノコ、シーカー族系の装備・武器

 

ゼルダスマブラ

 植物

 

トゥーンリンクスマブラ

 肉、魚

 

ガノンドロフスマブラ

 肉、魚、武器(六賢者の剣)

 

その他のamiibo

 肉、キノコ、植物

 

アイテム以外

ウルフリンク

 仲間としてウルフリンクを召喚

 

簡単に調べてみたところ、こんな感じのようです。
間違えていたりした場合、指摘などしていただけると幸いです。

 

エポナに関しては他のリンク系amiiboでも出現するという噂もありますので、自分でも確認していきたいと思います。

なにか発見があったら随時更新していきたいと思います!

Nintendo Switch買ってみた。

ゲーム

今までプレイしていたゲームが一気に積みゲーと化してしまった、ゆうう兄です。

3/3、Nintendo Switchを購入しました!

f:id:yuu-tunamayo:20170307211125j:plain


せっかくブログを開設したんだから、こういうとき「開封の儀」みたいな記事を書けばいいのに、
興奮して写真も外箱の一枚しか撮らずに、全てを開封・セッティングしてしまいました...笑。

当日私が購入したもの

本体含め全て開封済み、ゼルダの進行具合も極めて遅い()ということで、
ここ5日、僕がNintendo Switch使ってみた感想を徒然なるままに書いていこうと思います。

Nintendo Switch

本体はまだ外には持ち出せていませんが、家の中ではテレビモード、携帯モードともに使用しています。
今のところテーブルモードはあまり使っていないので、コメントしません(おい)
現状の使用用途もゼルダの伝説のみということを了承いただいたうえで、呼んで頂けると幸いです。
使ってみた率直な感想としては

 

「めっちゃ魅力的なハード!!」

 

まずNintendo Switchの最大の特徴である、据え置きゲームと携帯ゲームを兼ね備えている点ですが、
画面を瞬時に変更して遊べる技術に感動しました。
切り替えに2秒程の間はあるものの実際に使っていて遅いと感じたり、今のところ困ったことはないです。
テレビの電源がついていなくてもドックにSwitch本体を設置すると、テレビがつき、入力まで自動で切り替えてくれます。
数年最新ゲーム機に触れていなかったので、その感動は大きかったと思います。
ただし、ネットでは本体が青い画面(またはオレンジ)のままフリーズし再起不能になる現象や、
ドックに設置したり、取り外したりする過程で、画面に傷がついたりするといったことが報告されているので、
取り扱いに注意し、画面に保護シートを張るなどといった対策はしておいた方がいいかもしれません。
再起不能になる現象は原因が分からない以上、対策のしようがないので、公式で早期に何らかの対応があればいいんですけどね...。

画質

画質に関してはあまりこだわりはないので満足かなと思います。
ゲームの内容が面白ければそれでいいです。
画質は良いに越したことはないですけどね。笑
まだゼルダの伝説しかプレイしていませんが、シリーズの中では断トツで綺麗ですし、
今後のソフトにも期待ですね!

操作性

WiiリモコンWiiUゲームパッドからの進化を感じさせられます。
テレビモード・携帯モード、どちらも快適にプレイしています。
「L・Rボタン」「ZL・ZR」がジョイコンだと少し小さく感じるので、
従来のコントローラーで人差し指、中指で操作していた人は違和感を感じるかもしれません。
人差し指で押し分ける必要がありそうです。
私もスマブラのようなゲームが出た際にはプロコンを購入するかもしれません(笑)
またジョイコンにはHD振動という新たな技術が搭載されているのですが、
ゼルダの伝説は非対応とのことで少し残念です。

不具合や気になる点

ネットでたびたび見かけるのですが、
プレイ中本体の熱がすごかったり、ファンがうるさいと感じたりしたことはないですね。
私の場合はまだ長くても2時間強ほどしか続けてはプレイしていないことも関係していると思いますが...。
ただ携帯モードでかつ、ケーブルで充電をしながらプレイすると熱くなりやすいそうなので気をつける必要があるかなと思います。
周囲の回線やBluetooth等の接続の問題について気になる点が一点。
私が一緒に買った弟とフレンド登録をする際に、
「マイページ」→「フレンドを追加」→「近くの人をさがす」
この機能から登録しようとした際に、指示通り進めていてもなかなか相手のユーザーが表示されない現象が起こりました。
同じ方法で五回ほどやり直して、ようやく正常に表示され登録することができましたが、
こちらもおそらくBluetoothによる通信で行うものだと思いますので、不具合のひとつなのかなと思いました。

 

以上のことから、不具合などが気になる場合、少し待ってから購入した方がいいかもしれません。
まだマリオカートスプラトゥーンも発売していませんしね。
それでも購入する価値のあるゲーム機だと思いますし、毎日家に帰ってから楽しくプレイしています!