読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静岡レポート第四弾「富士サファリパーク」

観光

どうも、やっと体調が戻ってきたゆうう兄です。
長かった...(笑)

さて今回は

静岡レポート第四弾「富士サファリパーク」です(・ω・)

富士サファリパーク

名前の通り、サファリパーク形式の動物園で静岡県裾野市にあります。
CMで良く見るあの動物園ですね!笑
(ホントにホントにホントにホントにライオンダァーーー♪笑)
あのCMって関東限定とかなんですかね?
最近あまり見ないような気もしますが...。


私は子供のころに家族で行ったことがあったのですが、小さすぎて記憶には残っておらず、
完全に初見のつもりで行ってきました!

 

CMについてはこのへんにして、
園のポイントとしては

日本最大級のサファリパークであり、
屋外に設定されたコースを、マイカーやジャングルバスなどで巡り、
普段は見られない動物たちを間近で見ることができます。
他にもふれあい広場、犬の館、猫の館、ウサギの館などがあり
様々な動物たちと餌やりなどの通じて、触れ合うことができます。
また季節限定のイベントも開催しているようです。

 

サファリゾーン

富士サファリパーク、一番の見どころですね。
マイカーでじっくり見て回るのも良いですが、個人的にオススメしたいのは「ジャングルバス」です。

理由

入場料とは別料金となってしまいますが、バスの運転手さんによるユーモアにあふれたガイドを聞くことができるほか、
バスの側面に設置された窓から、ライオン、クマ、ラクダなどに餌やりをすることができるのです。
手を伸ばせば触れるほどの距離(手を伸ばしたら駄目。ゼッタイ)で猛獣の
食事する風景は一見の価値有りです。

 

ジャングルバスは人気があるコンテンツであるため、チケットが早々に完売してしまう可能性があります。
また前売り券等も販売していないため、当日にチケット売り場で購入する必要があります。
開園してまもない時間に到着し、すぐに乗りたくても、チケットを買いに行くとすでに午後の便しかない...。
なんてこともあるようです。


事前に調べてあったので、私も開園前に到着するように出発したものの、
入場ゲートが大変混雑しており、実際に車を止められたのは開園から20分後くらいでした。
午前中のバスに乗りたかったので、ハラハラしながらチケット売り場へ急ぐと
なんとか11時代のバスのチケットを購入することができました。
もし行かれる方でジャングルバスに乗る予定の方は、入場後すぐにチケット売り場に向かうことをオススメします。

 

ジャングルバス

私もジャングルバスに乗り、運転手さんの面白い自己紹介とサファリゾーンについての説明を受け、
いざサファリゾーンへ。
(運転手さん、ハードルを上げているわけではありませんよ!本当におもしろかったので!)
バスの側面についた窓には、網目状のフェンスのような柵が二重に設置してあり、
足元には開閉式の餌置き場があり、前者が猛獣たちに餌を与えるときのため、
後者は草食動物に餌を与えるために設置されたものでした。
乗ってみて最初に感じたことは「ジュラシックパークじゃん!」でした!名作ですよね!
シリーズは全部見ましたし、映画に登場する乗り物を彷彿させるようでした。
この日餌やりを行ったのはクマゾーン、ライオンゾーン、一般草食ゾーンのフタコブラクダなどでした。
なかでもライオンたちへの餌やりは迫力満点でした!目の前で「グルル」って言ってるから怖いくらいですよね(笑)
ライオンの群れには社会性があり、立場が上の順に食事をするそうです。
群れのリーダーであるオスが先に食事をするので、オスライオンがおなかいっぱいになるまでは、
メスライオンは近づいてすら来ず、ただこちらを見つめていました(・ω・)

オスライオンが食事をしている、反対側の窓ではメスライオンも食事をしていたので
メスの中でも立場違いがあるのでしょうね。

飼育されている動物

※Wikioedia 参照

 

冒頭にてご紹介した「犬の館」「猫の館」「ウサギの館」は時間の都合上、
「犬の館」しか入ることはできませんでしたが、こちらでは
館内で多くの犬たちと触れ合うことができます。
とても人懐っこい子ばかりで、自ら寄ってきては
膝の上で眠ってくれたり、だっこしたり、と犬好きにはたまらない癒しの場となっていました。
私のところにもミニチュアシュナウザーがトコトコやってきてくれたのですが、
膝の上でずっと、おとなしく伏せをして癒してくれました。
いやー幸せでしたね(笑)


館内は人数制限があり、混雑時には時間制限が設けられます。
あっという間に時間が過ぎ、私が別れを惜しみながらそっと膝の上から降ろし、
席を立つと間もなく、トコトコと次のお客さんの元へと行ってしまいました...。笑
あの子たちは接客のプロだな、と思わされましたね(笑)
最近たまに耳にする「セラピードッグ」もあんな感じなのでしょうか。
(富士サファリパークの犬たちはセラピードッグに指定されているわけではないようです。)


さて、4回にわたって書いてきた静岡レポートですが、今回で最終回となります。
遊びに行ったのが2/17〜2/19だったのですが、ブログに載せ終わるまでに
2週間強かかってしまいました。
言い訳をすると体調をく(ry ゲフンゲフン
ダラダラと書き連ねてきましたが、もしこれを見た誰かが、静岡に行ってみたいと思ってくれれば幸いです。
どこかに出かけた時のことを乗せるのも、思い出を振り返りながら書くことができるので
良いものですね。
また遊びに行ったら書こうと思います。