ゆうう兄のまったり奮闘記

ゲームやイラストのことなど、徒然なるままに書いてます。

始めました【FEエコーズ】

f:id:yuu-tunamayo:20170518234024j:plain

どうもゆうう兄(にい)です。

ついにFEエコーズ始めました!
久しぶりに起動する私の3DSはほこりをかぶっていました...。

いざ起動してみると、まずは本体の更新をするようにうながされました。
3DSはたまにしか起動しないので、起動するたびに本体の更新が必要になっている気がします。笑
3DSのゲームは「FEif」ぶりにプレイするのでアップデートがあるのは当然ですね。

 

本体の更新も完了し、いざゲームを起動。
タイトル画面ではお馴染みのメインテーマが流れないことに「またか...」と思うゆうう兄。
(FEのメインテーマが大好きなので、タイトル画面でメインテーマが流れるとテンションが上がる。)
GBAシリーズ以降の作品はメインテーマが流れないことが多い気がします。

 


ここでちょっとした私のお話しを...
私は新しいゲームを始める時に、「タイトル画面で放置してみる」という癖?プレイスタイルがあります。

 

f:id:yuu-tunamayo:20170518234459j:plain


ゲームのタイトル画面で放置すると、よくゲームの紹介等のムービーが流れますよね?
あれを見るのが好きなんです。笑
FEシリーズは基本的に「兵種紹介」が流れます。

(一部別のムービーが流れる作品もあります。)


今回も流れるかなと期待しつつ、タイトル画面で待ってるとやはり流れました「兵種紹介」!
文字通り作中に登場する兵種について見ることができるのですが、初期の状態で見ることができるのはわずか限られているようですね。
このタイトル画面のあとに流れるムービーは作品によって違いますが、進行状況に応じて変化したりもします。
私は時折確認してしまいますね。笑


もう一点嬉しかったのはこの兵種紹介でFEのメインテーマが流れたことです!
しかも大きなアレンジが加えられていないタイプ!
前作「if」や「覚醒」といった作品でもオープニング等で流れるのですが、作品固有のオープニング曲にアレンジとして組み込まれていて、ちょこっと流れるだけといったタイプが多かったので、今作ではしっかりと聞くことができたため嬉しかったです。

難易度

初期の段階では「ノーマル」「ハード」が用意されていました。
補足として「ノーマル」は初心者・中級者向け、「ハード」は上級者向け、と表記されていたのでちょっと迷いつつも「ハード」を選択しました。
ノーマルとの違いとしては、過去作品では敵ユニットのパラメーターの違いや、敵が装備している武器が強化されていたり、敵の数が増えていたりといった点が大きく違っていたので、今作でも同様の違いがあると思われます。
後から難易度の変更はできないそうなので注意が必要です。
クリア後にさらに難しいモードとして「ルナティック」が解禁されたりするので、今から楽しみですね。

 

オープニング~序章

オープニングのムービーが流れ、終了すると会話パートが始まります。
導入部分では主人公のアルムたちはまだ子供で、子供のまま序章が始まり戦闘パートとなります。
いわゆるチュートリアルですね。
このマップではまだ経験値が発生しない様子なので、今作のパラディン枠?マイセンに頼って撃退しました。
ここまでが物語のプロローグです。 

村を出た後

時間が経過し青年へと成長したアルムたちは、ソフィア王国のために戦う解放軍に加入し、生まれ育った村を出ることになります。
ここからがメインストーリーのようですね。

まとめ

エコーズ(外伝)はFEシリーズの中でも最もRPG要素が強い作品だと言われているので、ストーリーとキャラクターの育成要素に期待しています!
始めてみて感じたのは、シリーズの特徴である「三すくみ」のシステムが存在しないという点が、懐かしくもあり新鮮さも感じせられました。
(初期のころの作品を忘れかけているだけかもしれません。笑)
三すくみとは「剣」「槍」「斧」がじゃんけんの関係にあり、戦闘に大きく影響するシステムなのですが、この「三すくみ」がないことで戦闘にどのような変化があるかも楽しみですね。


初期のころはそもそもとして「三すくみ」が実装されていない作品もあるので、人によっては懐かしい仕様かもしれません。
※「三すくみ」のシステムは作品ごとに異なり、武器の三すくみの他に、魔法の三すくみがある作品や、武器と魔法の三すくみが統合されている作品もあります。

 

これからクリアを目指して少しずつ進めていこうと思います!
ハードを選んだことを後悔しないようにしたい...。笑

広告を非表示にする